生活環境研究所ブログ

株式会社生活環境研究所です。食品の安全性や表示、機能性など食品科学に関する情報を、出版物やセミナーなどで提供しています。


 業務/取材依頼
 info@skk-inc.co.jp

 事業内容
 食品科学に関する執筆、広報誌・パンフレットの制作、講演、セミナーの開催など。詳細はこちら

 ●本サイトに掲載されているの文章、画像などの著作権は、サイト管理者または第三者である著作権者に帰属します。
 ●これら著作物を、私的利用の範囲を超えて、著作権者の許諾なしに複製することは禁止しております。 

<< そうめんの話 | main | ○○風焼きそば? >>
土用の日はうなぎだけじゃない!
土用の丑の日(*)といえば、うなぎ!ですが、今回はあえてそれ以外の食べ物をご紹介しようと思います。
*立春(2月4日頃)立夏(5月5日頃)立秋(8月7日頃)立冬(11月7日頃)の18日前のこと。夏の土用の日は、立秋の18日前の7月20日ころです。


土用餅です!


土用餅には力をつけ夏バテを防ぐという思いが込められています。

その起源は昔々・・、公家の間で、芋の葉の煮汁で練った餅米をまるめて味噌汁に入れたものを土用の丑の日に食べるという習慣がありました。
これを食べることで、夏の病気にかからないとされていたのです。

その後、江戸時代中期に、味噌汁が姿を変え、現在の土用餅になりました。


どんなものかと言うと、別名を言うと「ああ、なんだ!」と思うかもしれませんね。

餅をこしあんでつつんだもので、一般的にはあんころもちと呼ばれています。
あんが餅のころもになっていることから、「あんころももち」と呼ばれ、あんころもちと呼ばれるようになったと言われています。

現在も、関西や北陸などでは土用の丑の日にあんころもちを食べる習慣があるそうです。


さて、
和菓子になくてはならない存在のあん!



こしあんがおいしいあんみつ


あんの原料である小豆には、光合成によって作られる色素ポリフェノールがたくさん含まれています。ポリフェノールは病気の原因となる活性酸素を取り除く抗酸化物質が含まれていると言われています。

そのほかに小豆には食物繊維もたくさん含まれていて、腸の調子を整える作用があります。便秘の方で甘いものを食べたい場合、洋菓子よりもあんを使った和菓子を選ぶといいかもしれません。


土用餅は土用の丑の日の前後から売られ始めるようです。

今回はまだ見つからなかったので、代わりにあんみつを・・





土用の丑の日が近づいてきたらまた和菓子屋さんをのぞいてみます!

| その他 | 17:38 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2015 >>
PROFILE
seikatukankyouをフォローしましょう
BOOK

「食べちゃダメ?」(小学館)

「スーパーで安全な食品を見分ける本−食品表示でおいしさまで見えてくる!」(中経出版)
CATEGORIES
ARCHIVES
LIST
RECENT COMMENT
LINKS